熱中症 対策

この記事は1分で読めます

夏になると気温が高くなりますが、炎天下の中に長時間さらされて吐き気や頭痛がする場合は、風邪ではなく熱中症を疑うようにしなくてはいけません。

 

もし熱中症かな?と思うような症状が出た時は、以下の対策を取るようにしましょう。

 

・涼しいところに行く
・ベルトやネクタイを緩める(風通しをよくする)
・タオルで首や手足を冷やす(首は結構効果的です)
・水分補給をする(汗で塩分も出ているのでスポーツドリンクがオススメ。

 

熱中症はひどくなると熱射病に発展して命の危険もあるので注意が必要です。

 

 

また、熱中症は外だけでなく、部屋の中にいる時でもなる可能性があります。

 

エアコンで冷やしすぎるのも問題ですが、適度な気温を保つようにしないと室内で熱中症に…なんてこともありえますので気をつけてくださいね。

 

  • 2017 08.12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2017 08.19

    黒酢 疲労回復

  2. 2017 08.05

    台風対策

ブログの中の人

はじめまして。たつやといいます。
ファッションと買い物が好きな20代後半会社員、スニーカーやサンダルなど足元のオシャレが特に好きなので、つぶやき多めかも。

ちなみに靴はNIKEなら26.5、adidasは26を履きます。 最近はオシャレなサンダルも多いので、夏はもっぱら歩きやすくて楽なサンダル派ですw
日常の気になる話題を更新中。
リンク集

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。